国際運転免許証を取得してニュージランドでドライブしよう!

こんにちは、コハシです。

毎日寒いですね。ずっと布団に入ったまま出たくありません。

ようやく仕事が落ち着きましたので、2月には暖かいニュージーランドに滞在しようと準備を進めています。

ニュージーランドではレンタカーを借りてドライブする予定です。日本と同じ左側通行なので、日本人でも運転しやすい国です。ぜひみなさんもチャレンジしてみて下さい。

ニュージーランドで自動車を運転するためには国際運転免許証が必要です。今回は運転免許センターで国際運転免許証を取得してきましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

国際運転免許証とは?

国際運転免許証(International Driving Permit)とは、日本の運転免許証と合わせて携帯することで、海外(ジュネーブ条約加盟国)でも運転できるようになる免許証です。日本の運転免許証の翻訳証明書みたいな役割です。

ニュージーランドはジュネーブ条約加盟国なので、この国際運転免許証があればクルマを運転できるようになります。

日本で普通自動車免許(AT限定含む)をお持ちであれば、海外で下記AとBの車両を運転できます。

A:二輪の自動車(側車付きのものを含む。)、身体障害者用車両及び空車状態における重量が400kg(900ポンド)をこえない三輪の自動車

B:乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえない座席を有する自動車又は貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500kg(7,700ポンド)をこえない自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。

難しい言い回しですが、レンタカーで借りるような普通の乗用車であれば問題なく運転できるので安心して下さい。

有効期間は交付日当日から1年間です。自動更新されませんので、失効したらまた再度申請が必要です。

国際運転免許証の取得方法

国際運転免許証は、必要書類等を持って申請するだけで交付されます。

必要なものはこれだけです。

  • 日本の運転免許証
  • 写真1枚(縦5cmx横4cm)
  • パスポート
  • 申請手数料 2,400円
  • 印鑑(なくてもOK)・ボールペン(なくてもOK)

申請場所は、住所地管轄の運転免許試験場や運転免許更新センターです。

国外運転免許証取得手続(本人による申請) 警視庁

試験とかはないので、すぐに交付されますよ。

国際運転免許証の取得手続をしてきました。

私は兵庫県西宮市に住んでいるので、神戸運転免許更新センターに行って来ました。JR元町駅、阪神元町駅から山側へ徒歩7分ほどですが、神戸らしく坂道を登るのでちょっと疲れます。

最初に国外運転免許証の窓口で受付を済まし、記入台で申請書に必要項目を記入し、手数料2,400円を払って印紙を貼り付けてもらってから窓口に提出すると、10分もかからず交付されました。

ニュージーランドでは、いつもの格安レンタカー「Ace Rental Cars」を利用する予定です。

早くニュージーランドに行ってドライブしたいなー!

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ