ニュージーランドで、無料のVISA DEBITカードを作れる銀行

ニュージーランドでは外国人でも銀行でVISA DEBITカードを作ることができます。私はASB bankのVISA DEBITカードを持っています。

 

20120905_1

 

 

■ 普通のクレジットカードとの違い

VISA DEBITカードにはVISAのマークがありますが普通のクレジットカードではありません。VISA DEBITカードで決済すると、後日請求される普通のクレジットカードは違い、リアルタイムで銀行口座から決済金額が差し引かれます。

 

 

■ EFTPOS(エフトポス)との違い

ニュージーランドでDEBIT決済はEFTPOSという名称です。ニュージーランドではどんな小さいお店でもEFTPOSが使えて、ほとんどの人は現金を使わずにEFTPOSで決済しています。EFTPOSもVISA DEBITと同じく決済するとリアルタイムで銀行口座から決済金額が差し引かれます。何が違うのかというと、EFTPOSカードだけでは利用できない場面があります。たとえばアコモデーション(ホテル・モーテル・バックパッカー等)やレンタカーの予約などで事前にクレジットカード番号が必須の場合がほとんどです。この場合EFTPOSでは対応できず、VISA DEBITが使えます。

 

 

■ 日本のクレジットカードとの違い

ニュージーランドで日本のクレジットカードを使うと、クレジットカード会社が設定した為替レートが採用され、日本の銀行口座から支払うことになります。ニュージーランドの銀行で作ったVISA DEBITを使うと、ニュージーランドの銀行口座からニュージーランドドルで決済されます。為替レートのいいタイミングで、為替レートのいい方法でニュージーランドドルに両替してニュージーランドの銀行口座に預けておけば、同じ日本円の金額でも、より多くのニュージーランドドルを使うことができます。

 

 

■ 無料でVISA DEBITカードを作れる銀行

VISAによって違います。ワーホリVISAでは無料でVISA DEBITカードを作れる銀行は、残念ながら私の知り得る限りではないようです。学生VISAであれば「ASB bank」と「The National Bank of New Zealand」だと無料でVISA DEBITカードを作ることができるようです。他の銀行では毎月数ドルの手数料が必要です。

 

 

ニュージーランドに長期で滞在するのであればVISA DEBITカードを1枚持っておいた方が便利だと思います。

スポンサーリンク
同じカテゴリの他のblogも見てみよう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ