貴重なカウリ群生地「Waiau Kauri Grove」(コロマンデル半島 観光)

コロマンデル半島「Waiau Kauri Grove(ワイアウ・カウリ・グローブ)」をご紹介します。2012年6月にコロマンデル半島に観光旅行した旅行記の続きです。カウリとは、ニュージーランドでしか見られない大きな木のことです。かつては北島北部に多く分布していましたが、ほとんど伐採されてしまいました。今残っているカウリは大切に保護されています。コロマンデル半島の「Waiau Kauri Grove」は、カウリコーストと並ぶ貴重なカウリ群生地です。

 

コロマンデル半島を貫く舗装されていないダート道「309 Road(309ロード)」をガタガタ走ると、突然小さな駐車場が現れます。この駐車場にクルマを停めて「Waiau Kauri Grove」へ歩いて行きます。

20120612_7

 

「Waiau Kauri Grove」の入口はこちらです。

20120612_10

 

案内板によると、歩いて10分とのことです。

20120612_6

 

原生林の中を歩きます。

20120612_5

 

途中、カウリが見えました。テンションが上がります。

20120612_4

 

カウリの巨木に到着しました。とても太くてデカイです。

20120612_8

 

下から見上げると、さらに迫力があります。

20120612_9