ビーチに湧く不思議な温泉「Hot Water Beach」。干潮時間の情報あり。(コロマンデル半島 観光)

コロマンデル半島でもっとも有名な観光スポットの一つが「Hot Water Beach(ホット・ウォーター・ビーチ)」です。今回は2012年6月にコロマンデル半島に観光旅行した旅行記です。

 

砂浜に2箇所の源泉があり、砂の中からボコボコと64熱湯が湧き出ています。干潮時だけ、この温泉に入ることができます。源泉のままでは非常に熱いので、少し離れてスコップで穴を掘ると、冷たい海水と混じってちょうどいいお湯加減になります。

 

源泉近くのビーチはこんな状況です。

20120612_1

 

20120612_2

 

ちょっと離れた場所から源泉付近を撮りました。

20120612_3

 

この温泉は、地下奥深くでマグマの熱で温められた水が、亀裂から時間をかけて少しずつ表面に湧き出てきたものらしいです。塩、カルシウム、マグネシウム、カリウム、フッ素、臭素、シリカを含有した温泉が、1分あたり15リットルの量で湧き出ているとのことです。

 

必ず事前に干潮時間を調べてから訪れて下さい。干潮の前後1時間しか「Hot Water Beach」を楽しめません。

 

干潮時間はこちらのサイトで検索できます。年と月を選択すると干潮時間が表示されます。

Hot Water Beach - Low Tide Times

 

スコップは売店でレンタルできますが、時間制で有料です。持って行けるのであれば、持って行った方がいいです。それと、水着が必要です。水着がなければ、足湯だけになります。

 

「Hot Water Beach」

住所:31 Pye Place, Hot Water Beach, Waikato, New Zealand(駐車場の住所です。)

地図:http://goo.gl/maps/uC6f